共有ファイルを開いているユーザーを特定する方法

はじめに

業務で使用するファイルはファイルサーバなどに保存されていることが多いと思います。たまに誰かがExcelファイルを開きっぱなしにして編集ができない経験ってありませんか?

この時、使用者は限られているのでまわりに声をかければ問題なかったのですが、他部署の使用者が増えるに伴い、ファイルを編集できず問題になることが増えてきました。

ファイルサーバの管理者であれば、今、誰がファイルを開いているか確認することができます。

コンピュータの管理を使う方法

コンピュータの管理を開き、[システムツール]-[共有フォルダ]-[開いているファイル]をクリックします。

USER1がBook1.xlsxを書き込みと読み取りモードで開いていることがわかります。管理者は開かれているBook1.xlsxを強制的に閉じることができます。

コマンドを使用する方法

共有ファイルを誰が開いているか確認するコマンド
openfiles /query /s ホスト名

C:\Windows\system32>openfiles /query /s windows2003

ID       アクセス             種類       開いているファイル (パス\実行可能フ
======== ==================== ========== ====================================
107      USER1                Windows    D:\share
190      USER1                Windows    D:\share\~$ESXiサーバ.xlsx
210      USER1                Windows    D:\share\ESXiサーバ.xlsx
216      USER1                Windows    \PIPE\srvsvc

ESXiサーバ.xlsxファイルを開いているユーザーが「user1」であることが確認できます。

共有ファイルが開かれているのを強制的に閉じるコマンド
openfiles /disconnect /s ホスト名 /id id名

C:\Windows\system32>openfiles /disconnect /s windows2003 /id 210

成功: 開いているファイル "D:\share\ESXiサーバ.xlsx" への接続は切断されました。

上記のコマンドでセッションを閉じるとuser1以外のユーザーがESXiサーバ.xlsxファイルを編集モードで開くことができます。なお、user1が開いていたESXiサーバ.xlsxファイルはそのまま開かれているので上書きされないよう注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました