PoEで送れる電力量はどのくらいか

PoEとはPower over Ethernetの略でLANケーブルで電力を供給する仕組みのことです。PoEに対応したスイッチからアクセスポイントやネットワークカメラに給電することができます。

給電できる電力量については規格によって異なります。

規格電力
IEEE802.3af15.4W
IEEE802.3at
(PoE+とも呼ばれる)
30W
IEEE802.3bt
(PoE++とも呼ばれる)
90W

IEEE802.3btは、デスクトップPCやビデオ会議システムなど消費電力の大きい機器への供給が想定されています。また既存のPoE規格も含めた形で仕様が決まっており、タイプ1からタイプ4まであります。

タイプ1はIEEE802.3afの15.4W、タイプ2はIEEE802.3atの30W、タイプ3が60W、タイプ4が90Wです。

タイトルとURLをコピーしました