覚えておくべきネットワークコマンド集

はじめに

ネットワークの障害時はさまざまなコマンドを駆使して原因を調査し迅速に解決する必要があります。ここではよく使用されるネットワークコマンドをご紹介します。

ping

ICMPを使用して疎通確認する。ICMPでは指定した通信相手にエコー要求パケットを送り、受け取った相手がエコー応答パケットを送り返す。この一連の処理で疎通を確認できる。

-aIPアドレスを指定した時名前解決を行い結果にホスト名を表示する
-i TTLエコー要求パケットの有効期限(TTL)を指定する
-l サイズエコー要求パケットのサイズを指定する
-n 回数コマンド1回実行した時に送信するエコー要求パケットの回数を指定する
-tユーザーがCtrl+Cを押すまでエコー要求パケットを送信し続ける

tracert

指定した通信相手との経路上にあるルータを一覧表示する。

-dIPアドレスの名前解決は行わない
-w ミリ秒タイムアウトの時間を指定する
-h ホップ数経由するルータの数(ホップ数)を指定する

ipconfig

PCのNICごとに設定されたIPアドレスのほか、DHCPサーバやDNSサーバのIPアドレスを表示する。

/allすべてのNICの情報を表示する
/releaseすべてのNICでIPv4のIPアドレスを解放する。NIC名を指定することも可能。
/renewすべてのNICでIPv4のIPアドレスを更新する。NIC名を指定することも可能。
/displaydnsPCで一時的に保存するドメイン名の情報を表示する。
/flushdnsPCで一時的に保存するドメイン名の情報をクリアする

arp

IPアドレスとMACアドレスの関連付けを管理するARPテーブルを表示する。ARPはIPアドレスからMACアドレスを調べるためのプロトコルである。

-aarpテーブルの内容を表示する
-d IPアドレス指定したIPアドレスの内容を削除する。IPアドレスを省略するとすべての内容を削除する。

nslookup

DNSを使用して名前解決を実行する。

server 名前問い合わせを行うDNSサーバを名前で指定する
set 動作オプション動作オプション(例:type=mx)を指定する

telnet

リモートでサーバやネットワーク機器を操作する。

open指定したホスト名(IPアドレス)のコンピュータに接続する
close接続を終了する
quittelnetを終了する(サブコマンドの入力を止める)
dispaly接続状態を表示する
set 動作オプション動作オプションを指定する
タイトルとURLをコピーしました