ConoHaのVPSで海外のデータセンターを使ってみた

ConoHaのVPSでは、日本(東京)とシンガポールのデータセンターを使用することができます。通常は日本のデータセンターを使用しますが、全世界を対象にしたサイトを運用している場合は、日本とシンガポールそれぞれにサイトを立ち上げ、冗長構成にすることができます。

冗長構成にする目的は障害対応とパフォーマンスですね。たまに通信障害などのニュースを見ますが、冗長構成にしていると日本のサイトがアクセス不可でもシンガポールのサイトにアクセスさせることができます。

パフォーマンスは最寄りのサイトにアクセスさせることができます。シンガポール在住の人がアクセスする場合、日本のサイトにアクセスするより、シンガポールのサイトにアクセスした方が早いです。

詳細はConoHaのサイトをご覧ください。
https://www.conoha.jp/vps/function/location/

今回は日本とシンガポールの1GBプランを契約して、サーバの使用感を確認することにしました。同じスペックのサーバをレンタルするにしてもシンガポールの方が少し高いです。

プラン日本シンガポール
512MB630円
CPU:1Core
SSD:20GB
なし
1GB900円
CPU:2Core
SSD:50GB
1,170円
CPU:2Core
SSD:50GB
2GB1,750円
CPU:3Core
SSD:50GB
2,270円
CPU:3Core
SSD:50GB
4GB3,420円
CPU:4Core
SSD:50GB
4,440円
CPU:4Core
SSD:50GB
8GB6,670円
CPU:6Core
SSD:50GB
8,670円
CPU:6Core
SSD:50GB
16GB13,0100円
CPU:8Core
SSD:50GB
16,910円
CPU:8Core
SSD:50GB
32GB25,370円
CPU:12Core
SSD:50GB
32,980円
CPU:12Core
SSD:50GB
64GB49,480円
CPU:24Core
SSD:50GB
64,320円
CPU:24Core
SSD:50GB

日本とシンガポールのサーバをリモートからあれこれ操作してみましたが、体感的にはどちらも特別遅く感じることはありませんでした。ただ、シンガポールは物理的に距離があるので数値化すると遅いはずです。Zabbixという監視ツールで通信速度を調べてみました。

赤がシンガポールのサーバ、緑が日本のサーバです。日本のサーバは平均9.67ms、シンガポールのサーバは平均84.13msなので、約9倍ほど差がありますね。しかし海外のサーバとしてはかなり早いと思うので問題になることはないでしょう。

あと、1時間ほどパケットロスもチェックしてみましたが、0パーセントでした。品質は良さそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました