VMware Workstation Proを使用したDHCPサーバの検証

VMware Workstation Proを使用してDHCPサーバの検証をやってみました。

環境

  • Windows Server 2016 Datacenter Evaluation
  • VMware Workstation 15 Pro
  • Windows 10 Enterprise Evaluation × 3

構成図

設定

VMware Workstation Pro

VMware Workstation Pro側で仮想マシンの設定を変更します。

DHCPサーバと3台のクライアントOSについて、ネットワークアダプタの設定を変更します。LANセグメントは任意の名前で作成してください。ここではデフォルトで作成される名称(LAN セグメント 1)をそのまま使っています。

サーバとクライアントの合計4台分について同じ設定を実施します。

Windows

DHCPサーバ

ネットワークの設定

IP:192.168.100.10
Mask:255.255.255.0

DHCPサービスの追加
  1. サーバマネージャーを起動します。
  2. 「役割と機能の追加」をクリックします。
  3. 「役割ベースまたは機能ベースのインストール」にチェックを入れます。「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 「サーバープールからサーバーを選択」にチェックを入れます。「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 「DHCPサーバ」の項目にチェックを入れます。「機能の追加」ボタンをクリックします。
  6. 「次へ」ボタンで進め「インストール」ボタンをクリックします。
  7. インストールが完了したら画面を閉じて終了です。
DHCPの設定
  1. スタートボタンをクリックします。
  2. Windows管理ツール内の「DHCP」をクリックします。
  3. DHCPの管理コンソールが起動したら、左ペインの項目を展開します。「IPv4」の項目を右クリックし「新しいスコープ」をクリックします。
  4. 新しいスコープウィザードの開始画面が表示されるので、「次へ」ボタンをクリックします。
  5. スコープ名を任意に入力します。ここでは「TestScope1」にしています。
  6. 開始IPアドレスを「192.168.100.101」、終了IPアドレスを「192.168.100.200」にします。長さとサブネットマスクは自動で入力されます。「次へ」ボタンをクリックします。
  7. 除外と遅延の追加画面は何も入力せずに「次へ」ボタンをクリックします。
  8. リース期間の画面はデフォルトのまま「次へ」ボタンをクリックします。
  9. 「今すぐオプションを構成する」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
  10. ルーターは何も入力せずに「次へ」ボタンをクリックします。
  11. ドメイン名およびサーバー画面は何も入力せずに「次へ」ボタンをクリックします。
  12. WINSサーバー画面は何も入力せずに「次へ」ボタンをクリックします。
  13. 「今すぐアクティブにする」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
  14. 「完了」ボタンをクリックして終了です。

クライアント

クライアント側のネットワーク設定は、すべてIPを「自動取得」として設定します。

動作確認

DHCPサーバを起動後、3台のクライアントOSを起動します。

DHCPサーバでDHCP管理コンソールを起動します。3台のクライアントにIPアドレスが配布されていることが確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました