リモートサーバー管理ツールをインストールしよう

はじめに

先日、Windows10のPCからDHCPサーバの設定を実施するため、PowerShellを使おうとしたのですが、必要なコマンドレットがないことに気づきました。これはRSATをインストールすることで解決できます。

ちなみにRSATは、Remote Server Administration Toolsの略で、リモートサーバー管理ツールのことです。サーバの運用管理者は必須のツールとなりますのでインストールしておきましょう。

インストール方法

Windows10のバージョンが1803以前

Microsoftのサイト(Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール)にアクセスします。

PCの環境にあわせてファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをインストールして完了です。

Windows10のバージョンが1809以降

  1. スタートボタンから設定をクリックします。
  2. 「アプリ」をクリックします。
  3. 「オプション機能の管理」をクリックします。
  4. 「機能の追加」をクリックします。
  5. RSATの中から必要な機能を選択し、「インストール」ボタンをクリックします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました