翻訳ソフト「DeepL」の精度が高すぎると高評価!

英語は苦手だけど、仕事でやむなく使うという方は多いと思います。グローバルと仕事をする場合、英語は避けて通れないですからね。苦手な方は、ほぼ間違いなく翻訳ツールを使っていると思います。メジャーなものだと「Google翻訳」です。管理人もよくお世話になっています。

先日、ネットニュースで知ったのですが、「DeepL(ディープル)」という翻訳ツールがすごい精度が高いとうわさになっています。

個人的には、Google翻訳で十分満足していました。たまにおかしな表現になりますが、意味がわかれば問題ないし。

ですが、DeepLを使ってみると、めっちゃ自然な日本語に翻訳されます。Google翻訳では微妙な翻訳が時々ありましたが、DeepLの日本語はわかりやすくて表現に違和感がありません。

「これ、すごいかも」

その後、何度かDeepLを使ってみましたが、やっぱり日本語の翻訳精度が高い。Google翻訳以上のレベルだと感じました。そういえば、過去にGoogle翻訳で失敗したことがあります。グローバル担当者に急いで依頼したいことがあったので、Google翻訳を使ってそのままコピペしてメール送ったことがあります。英訳時に「依頼」が「命令」の形になっていて上司に「どの立場であんなメールを送ったんだ!」とお叱りを受けたことがあります。

「いや、依頼したつもりだったし、そもそも英語できない人に任せるのが悪いんだよ」と当時は思っていましたが、DeepLを使うことでこんな失敗は減らすことができるかもしれません。

翻訳ツールを使っている人はぜひ「DeepL」を使ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました