RLoginのスクリプトを使用してネットワーク機器に自動ログインする

はじめに

RLoginを使用してネットワーク機器に自動ログインするには「チャットスクリプト」や「スクリプト」を使用する方法があります。今回は、「スクリプト」を使用する方法をご紹介します。

環境

Cisco Catalyst2960
※IPアドレスとTELNETの設定ができているものとします。

手順

スクリプトの作成

テキストエディタを起動します。
以下をコピペし、テキストファイルとして任意の場所に保存します。

Document.Open();
wait(CONNECT);
sopen(OPEN_LOOK);
swait(5, "Password:");
sputs("telnet\n");
sclose();
関数意味
Document.Open()ソケットを開きます
wait()ソケットが接続するまで処理を中断します
sopen()ソケット入力を開きます
sait()最大sec秒間、正規表現と一致する文字列が表示されるまで処理を中断します。
sputs()現在の漢字コードに文字列を変換してソケットに送ります。
sclose()ソケット入力を閉じます。

RLoginの設定

RLoginを起動します。
Server Select画面で「新規」ボタンをクリックします。
Server New Entry画面で画像を参考に入力し、左サイドバーの「スクリプト」をクリックします。

先ほど保存したテキストファイルを指定して「OK」ボタンをクリックします。

次回以降、エントリー(Switch001)に接続するとログオンした状態になります。

タイトルとURLをコピーしました