Freenomの無料ドメインとAWSのRoute53を使用してWebサーバを構築する

スポンサーリンク

はじめに

Freenomというサイトをご存じでしょうか。無料ドメインを提供しているオランダのプロバイダです。無料で取得できるドメインには制限がありますが、以下のドメインが利用できます。

  • .tk (トケラウ)
  • .ml (マリ)
  • .ga (ガボン共和国)
  • .cf (中央アフリカ)
  • .gq (赤道ギニア)

Freenomで取得した無料ドメインとAWSのRoute53を使用してWebサーバを構築してみます。
Webサーバの構築は「AWSのELBを検証してみた」の記事を参考にして下さい。

無料ドメインを取得する

Freenomにアクセスします。「新しい無料ドメインを探します」の欄に取得したい任意のドメインを入力して、「利用可能状態をチェックします」ボタンをクリックします。管理人は「it-study-test」ドメインを取得することにします。

赤枠の部分にドメイン名(it-study-test.tk)を入力して「利用可能状態をチェックします」ボタンをクリックします。管理人の環境ではトップドメイン欄の「今すぐ入手」ボタンをクリックしても正しく動作しませんでした。

「チェックアウト」ボタンをクリックします。

利用期間は、1か月~12か月を任意で選択できます。管理人はテストとして使用するのでデフォルトの3か月にしています。「Continue」ボタンをクリックします。

メールアドレスを入力し、「Verify My Email Address」ボタンをクリックします。

「Enter Different Email」ボタンをクリックします。ユーザー登録用のメールが届きます。

必要事項を入力しユーザー登録を完了させます。

以上でドメインの取得は完了です。

Route53の設定

ホストゾーンの作成

AWSマネジメントコンソールからRoute53のダッシュボードにアクセスします。
「ホストゾーンの作成」ボタンをクリックします。

ホストゾーン設定は以下の通り設定します。「ホストゾーンの作成」ボタンをクリックします。
ドメイン名:it-study-test.tk
タイプ:パブリックホストゾーン

ホストゾーンが作成されます。

ルーティングポリシーの設定

ホストゾーンから「it-study-test.tk」をクリックします。
「レコードを作成」ボタンをクリックします。

値にEC2インスタンスのパブリックIPアドレスを入力します。「レコードを作成」ボタンをクリックします。

Aレコードが作成されました。

ネームサーバの変更

Freenomにアクセスしログインします。
メニューバーから[Services]-[My Domains]をクリックします。
「Manage Domain」をクリックします。

メニューバーから[Management Tools]-[Nameservers]をクリックします。
「Use custom nameservers (enter below)」にチェックを入れます。
AWSのDNSサーバを入力します。

動作確認

ブラウザを起動しURLにアクセスします。
http://it-study-test.tk/

コメント

タイトルとURLをコピーしました