DHCPサーバの監査ログサイズを拡張する

WindowsServer2016などでDHCPサーバを構成している場合、デフォルトでは監査ログ(AuditLog)のサイズが小さくなっています。デフォルトでは70MBとなっています。

Get-DhcpServerAuditLog

Path              : C:¥Windows¥system32\dhcp
Enable            : True
MaxMBFileSize     : 70
DiskCheckInterval : 50
MinMBDiskSpace    : 20

ここでは500MBに変更します。クライアントPCの台数によって拡張するサイズを任意に決めて下さい。

Set-DhcpServerAuditLog -MaxMBFileSize 500
警告: 新しい設定を有効にするために、TESTSERVER の DHCP サーバー サービスを再起動してください。

上記メッセージに従い「DHCP Server」サービスを再起動します。

Restart-Service -Name DHCPServer
警告: サービス 'DHCP Server (DHCPServer)' の開始を待っています…
警告: サービス 'DHCP Server (DHCPServer)' の開始を待っています…
警告: サービス 'DHCP Server (DHCPServer)' の開始を待っています…

Get-DhcpServerAuditLog

Path              : C:¥Windows¥system32\dhcp
Enable            : True
MaxMBFileSize     : 500
DiskCheckInterval : 50
MinMBDiskSpace    : 20

コメント

タイトルとURLをコピーしました