セキュリティが強化されたビデオ会議ツール「Zoom 5.0」が公開されました

2020年4月27日、セキュリティが強化されたバージョンの「Zoom 5.0」が公開されました。

今回のバージョンから認証付き暗号 のAES256-GCM(256ビット)がサポートされミーティングデータの保護や改ざんに対する耐性が強化されます。

この暗号化通信は、5月30日から全アカウントに適用される予定です。GCMによる暗号化が行なわれているのがわかるように、ウィンドウ上に新しい暗号化アイコンが表示される予定です。

zoom公式サイトより引用

その他にも安心して会議できるよう多くの安全対策がとられています。

  • デフォルトで待合室は有効
    Waiting Roomは、会議に参加者が入場する前に、ホストが参加者を個々の仮想待合室に入れておくことを可能にする既存の機能ですが、教育、ベーシック、およびシングルライセンスProアカウントではデフォルトでオンになっています。すべてのお客様に、待機室をオンにすることをお勧めします。
  • 複雑な会議ID
    11桁のユニークな会議IDが導入されました。また、コンテンツの共有画面からミーティングIDを削除し、誤ってミーティング情報を共有しないようにしています。
  • パスワードとパスワードの複雑さ
    ミーティングパスワードがより複雑になり、Basic、シングルライセンスPro、およびK-12のすべてのお客様を含むほとんどのお客様でデフォルトで有効になりました。管理されたアカウントでは、アカウント管理者がパスワードの複雑さ(長さ、英数字、特殊文字の要件など)を定義できるようになりました。
  • ミーティング登録
    会議に登録することで、参加者のメールアドレスや名前などを登録してもらい、参加者の詳細を知ることができます。
  • 会議の認証
    認証されたユーザーのみが参加できるようにしたり、ビジネス、エンタープライズ、または教育用アカウントの特定のメールドメインを制限したりする、会議のプリセットプロファイルを有効にします。
  • 記録セキュリティ
    すべてのクラウド録音は、デフォルトで複雑なパスワードで暗号化されています。
  • オーディオの透かし
    この機能をオンにすると、ユーザーが会議中に録音した場合に、音声にユーザーの個人情報を不可聴の透かしとして埋め込むことができます。音声ファイルが許可なく共有されている場合、Zoom はどの参加者が会議を録音したかを識別するのに役立ちます。
  • スクリーン共有の透かし
    参加者がスクリーンショットを撮影した場合に、会議参加者のメールアドレスの画像を共有コンテンツにスーパーインポーズします。
  • メッセージプレビューオプション
    ユーザーは、画面共有中にチャットコンテンツを表示しないように、ズームチャット通知を有効にすることができるようになりました。
  • 安全なアカウントの連絡先共有
    Zoom 5.0は、大規模な組織のための新しいデータ構造をサポートしており、複数のアカウント間で連絡先をリンクすることができるので、人々は簡単かつ安全に会議、チャット、および電話連絡先を検索して見つけることができます。
  • プロフィール画像のコントロール
    ホストまたはアカウント管理者は、参加者が会議中にプロフィール写真を表示したり、変更したりする機能を無効にすることができます。
  • データセンター情報
    ホストは、会議のスケジューリング時に会議中のトラフィックを使用するデータセンターのリージョンを選択できるようになり、参加者はクライアントウィンドウの左上にある情報アイコンをクリックすることで、自分が接続しているデータセンターを確認できます。

Zoomはセキュリティやプライバシーの保護の側面で弱い部分があったのですが、今回のバージョンアップでしっかりと対策を実施しています。個人的に使用していますが、特に不具合もなく非常に便利だと感じています。ビデオ会議ツールを使ってみたい方にはお勧めのツールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました