VMwareのWorkstation PlayerとWorkstation Proの違い

管理人は何かしらの技術検証をする時、VirtualBoxを使用しています。スナップショットが使えるのでちょっとした技術検証には非常に便利です。無料で使用できるし大きな問題もなく使用してきました。

ただ今後、仕事の関係でVMwareを使っていくことになったため勉強を始めています。まずはWorkstation PlayerとWorkstation Proをインストールしてどういうことができるのか、違いは何かを遊び感覚で触っています。

簡単ですが、VMwareのWorkstation PlayerとWorkstation Proの違いをまとめています。

Workstation PlayerWorkstation Pro(Ver:15.5)
費用個人利用の場合は無償\31,075
2020/02/29時点
新しい仮想マシンの作成

ホストとゲスト間でのファイル共有

USB 3.0 デバイスのサポート

複数の仮想マシンの同時実行

ドラッグ可能なタブ型インターフェイス

Linux 仮想マシンへのワンクリック SSH 接続

暗号化された仮想マシンの作成と管理

仮想ネットワークの名前の変更

スナップショット

暗号化された仮想マシンの実行

仮想ネットワークのカスタマイズ

仮想ネットワークのシミュレーション(パケット ロス、遅延)

仮想マシンのクローン作成

仮想マシンの共有(Workstation Server)

vSphere/ESXi サーバへの接続vSphere ホストのリモート電源管理

コメント

タイトルとURLをコピーしました