「令和」ドメインの登録ラッシュ

2019年4月1日に新元号「令和」が発表されてから関連ドメインの登録ラッシュが発生していました。大手レジストラでは3日間で2,000件を突破したらしいです。その結果、わかりやすい文字列でのドメインは取り尽くされたようです。

ドメインを取得すること自体はいいのですが、その理由が単なる「金儲け」という人が一定数いることが残念ですね。「令和」ブームにのって、「reiwa」ドメインを大量に取得し、オークションで売りさばく人がいます。

ニュースで転売目的で商品を購入する人が問題になっていますよね。あれと同様のことが起こっています。

『令和』を祝ってサイトを構築しようと思っている人が「reiwa」ドメインを取得できない、そして、金儲けを目論む人が迅速に「reiwa」ドメインを取得してオークションで売りさばいて儲ける。

「なにこれ?」っていいたいですね。

大手家電量販店が「転売目的の購入はお断り!」ってニュースをたまに見ますが、本当にこれはあらゆる業種で広まって実装すべきと思います。

タイトルとURLをコピーしました