PowerShellのJoin-Pathはパイプを使うとわかりやすい

最近は何かとPowerShellを使用することが多い管理人です。先日、Join-Pathを使っていたのですが、3つ以上を連結する時に以下のように書いていました。

Join-Path (Join-Path (Join-Path "C:\" "MainFolder") "SubFolder") "test.txt"
C:\MainFolder\SubFolder\test.txt

Join-Pathが入れ子になっていますが、連続するとやっぱりわかりにくくなります。他の書き方がないか調べたところ、パイプを使うとわかりやすかったのでご紹介です。

Join-Path "C:\" "MainFolder" | Join-Path -ChildPath "SubFolder" | Join-Path -ChildPath "test.txt"
C:\MainFolder\SubFolder\test.txt

こちらの方がキレイでわかりやすいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました