PMPのテストセンターがプロメトリックからピアソンに変更

2019年7月1よりPMPのテストセンターがプロメトリックからピアソンVUEに変更されました。先日、ピアソンでPMP試験を受けてきたのでテストセンターの違いについて少々書きます。

プロメトリックのテストセンター

まず、プロメトリックでは受験前に不正がないか徹底的に調べられます。ポケットに何か入れたままになっていないか内ポケットを出す必要があります。

さらに金属探知機で不正な機器を持ち込もうとしていないかチェックされます。

あと、メガネもチェックされました。名探偵コナンじゃあるまいし、メガネに不正する人っているのかよって思うのですが・・・

PMPは4時間の試験なので、途中でトイレに行く時にいちいち上記のチェックをされます。往復で10分ほどロスします。「まったく、とんでもないテストセンターだな」と強く思ったものです。

ピアソンのテストセンター

ピアソンのテストセンターでは圧倒的に緩いです。(というかこれが普通だと思う)

ポケットの中身はすべてロッカーにしまって下さい、という話のみで実際にチェックされることはありません。

トイレも呼び鈴でスタッフを呼んでトイレに行きたい、というとそれだけで「どうぞ」とOKをもらえます。戻ってきたらスタッフに一声かけて試験再開です。

いちいちチェックされることはありません。3分くらいのロスで済みます。

最後に

テストセンターのあまりの対応の違いにびっくりしましたが、恐らくプロメトリックでは受験者からかなり不満が上がっていたと思われます。4時間でも時間を使い切る人が多いので、トイレだけで10分も時間をロスするとけっこう辛いものがあります。

今後のPMP受験はピアソンのみになるのでテストセンターで足を引っ張られることはありません。努力の成果を思う存分発揮しましょう。

タイトルとURLをコピーしました