監視ツールで監視すべき項目

ベンダーが提供している監視ツールはいろいろありますが、何を監視すべきか代表的なものをまとめてみました。以下の項目を監視することで障害予兆の検知や迅速な障害対応が可能になると思います。

監視種別内容
死活監視監視機器が稼働しているかどうか監視します。
CPUCPU使用率やロードアベレージを監視します。
メモリメモリの使用率やスワップの状況を監視します。
ディスクディスクの容量やI/Oを監視します。
ネットワークネットワークのトラフィックを監視します。
サービス
サービスを監視します。
ファイルファイルの有無やサイズ、チェックサムを監視します。
ログテキストログやWindowsイベントログを監視します。
Webアクセスサイトの閲覧可否やダウンロード速度を監視します。
その他システム起動時間など。
タイトルとURLをコピーしました