Googleアドセンスでカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の対応方法

Googleアドセンスの管理コンソールにログインした時、CCPAの注意書きが表示がされるようになりました。「カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、2020 年 1 月 1 日に施行されます。カリフォルニア州在住のユーザーを対象とするオプションを管理する方法をご覧ください。」

そもそもカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)とは何なのか?

それは米国カリフォルニア州民のプライバシー権と消費者保護を強化するための法律です。日本でいうと、個人情報保護法に近いです。

詳細は、CCPAのサイトに記載されていますがすべて英語・・・。翻訳して確認してもいまいちわかりにくいんですよね。

アドセンスをやっている人は少しでも広告による収益を増やしたいはずなので、以下の対応をお勧めします。

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の対応方法

アドセンスの管理コンソール上に CCPA の注意書きが表示されている場合は、その中の「対処」をクリックします。表示されていない場合は[ブロックのコントロール]-[コンテンツ]
- [すべてのサイト]を選択し、「カリフォルニア州消費者プライバシー法」カード内の[CCPA 設定を管理]をクリックして下さい。

「データ処理を制限しない」と「データ処理を制限する」の2つが選択できるようになっています。

「データ処理を制限しない」にチェックが入っていることを確認します。これでCCPA施行後もパーソナライズド広告を有効にします。

パーソナライズ広告(旧インタレスト ベース広告)は、広告主様がユーザーの興味、関心、属性(「スポーツファン」など)や、その他の情報(詳細はこちら)に合わせた広告を表示できるフォーマットです。


パーソナライズ広告は、ウェブサイトのより効率的な収益化に役立ちます。また、広告主様から見れば広告の価値向上につながり、ユーザーから見ても利便性の向上につながります。

パーソナライズ広告について

次にアドセンスのタグに青字の1行を追加します。

<ins class="adsbygoogle"
style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-0123456789abcdef"
data-ad-slot="0123456789"
data-restrict-data-processing="1">

これでカリフォルニア州在住のユーザーがアクセスした時に「Do Not Sell My Personal Information(個人情報を販売しない)」のオプトアウトリンクを表示させることができます。なお、日本からのアクセスには広告表示に変化はありません。

収益を安定、拡大させるためにもこの手の法律にはきっちり対応しておきましょう。面倒だからとほったらかしにしていると何かしらのペナルティがあるかも知れません。5分くらいで設定できますので必ず実施することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました