Windowsサーバで使用できるウイルス対策ソフトを検証してみた

はじめに

管理人はWindowsの各種OSでいろいろな技術検証をすることがよくあります。検証は仮想化ツールでテンプレートからOS環境を構築し必要なツールをインストールしています。

Windowsサーバでインターネットに接続してあれこれ検証する場合は、ウィルス対策ソフトは必須です。しかし、サーバOSに対応したウィルス対策ソフトは高額です。個人的に勉強目的で検証する場合、クライアントOS用のウィルス対策ソフトが使えないか検証してみることにしました。

ウィルス対策ソフト一覧

メーカーアンチウイルスソフト
Avast Softwareアバスト! アンチウイルス
AVG TechnologiesAVG インターネットセキュリティ
AviraAvira Free Security
CanonESET Internet Security
EmsisoftEmsisoft Anti-Malware Free
F-SecureF-Secure Internet Security
G DATAG DATA Internet Security
Kasperskyカスペルスキー セキュリティ
KINGSOFTKINGSOFT Internet Security 20
McAfeeマカフィー リブセーフ
SOFTWINBitdefender TOTAL SECURITY 2020
SourceNextZERO スーパーセキュリティ
Symantecノートン セキュリティ
TrendMicroウイルスバスター クラウド

検証結果

OSは、「Windows Server 2019 Datacenter Evaluation」を使用します。各メーカーから販売されているウィルス対策ソフト(無料体験版)がインストールできるか、スキャンが問題なく実行できるか検証します。

インストールできたソフトの検証が完了したら、スナップショットを使ってインストール前の状態に戻して次のソフトの検証を実施します。

アンチウイルスソフトインストールスキャン
アバスト! アンチウイルス×
AVG インターネットセキュリティ×
Avira Free Security
ESET Internet Security×
Emsisoft Anti-Malware Free
F-Secure Internet Security×
G DATA Internet Security×
カスペルスキー セキュリティ×
KINGSOFT Internet Security 20
マカフィー リブセーフ×
Bitdefender TOTAL SECURITY 2020×
ZERO スーパーセキュリティ×
ノートン セキュリティ×
ウイルスバスター クラウド×

アバスト!アンチウイルス

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。サーバーOSはサポートされていないとのメッセージが表示。

AVG インターネットセキュリティ

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。

「申し訳ありませんが、AVGサーバーへの接続に問題があるようです。インターネット接続を確認して、再度インストーラーを実行してください。」とメッセージが表示されたため、再度インストーラーを実行しても現象変わらず。サポート対象外のOSだからと思われる。

Avira Free Security

インストールは問題なし。スキャンも問題なし。

ESET Internet Security

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。対象OSはサポートされていないとのメッセージが表示。

Emsisoft Anti-Malware Free

インストールは問題なし。スキャンも問題なし。

F-Secure Internet Security

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。対象OSはサポートされていないとのメッセージが表示。

G DATA Internet Security

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。対象OSはサポートされていないとのメッセージが表示。

カスペルスキー セキュリティ

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。対象OSはサポートされていないとのメッセージが表示。

KINGSOFT Internet Security 20

インストールは問題なし。スキャンも問題なし。

マカフィー リブセーフ

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。対象OSはサポートされていないとのメッセージが表示。

Bitdefender TOTAL SECURITY 2020

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。

「このBitdefender製品をお使いの端末にインストールすることはできません。 OKをクリックして互換性要件の詳細を表示します。」とメッセージが表示される。

ZERO スーパーセキュリティ

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。すぐに画面が閉じてそのまま終了。

ノートン セキュリティ

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。対象OSはサポートされていないとのメッセージが表示。

ウィルスバスタークラウド

サイトからダウンロードしてきたファイルを実行。ファイルを展開後、画面が閉じてそのまま終了。

まとめ

Windowsサーバでも使用できたウィルス対策ソフトは3つでした。いずれもサーバOSは動作保証外となっているので、ご注意下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました