コンピュータをリモート操作する

はじめに

PowerShellは強力なスクリプト言語ですが、真価を発揮するのはリモートコンピュータの操作になるでしょう。リモートで各種操作ができるよう設定を実施します。

環境

  • Windows Server 2019 Datacenter Evaluation (接続先:サーバ側)
  • Windows 10 Enterprise Evaluation(接続元:クライアント側)

サーバ側の操作

スクリプトの実行を許可

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -Force

リモート操作を許可

Set-WSManQuickConfig -Force、または Enable-PSRemoting -Force

WinRMを開く

Set-NetFirewallRule -Name WINRM-HTTP-In-TCP -Enabled True
Set-NetFirewallRule -Name WINRM-HTTP-In-TCP-PUBLIC -Enabled False
New-NetFirewallRule -DisplayName "WINRM from WAN" -Profile Any -Direction Inbound -Action Allow -RemoteAddress グローバルIPアドレス -Protocol TCP -LocalPort 5985
※グローバルIPアドレスは「確認くん」や「診断くん」で確認して下さい。

クライアント側の操作

リモート接続を許可

winrm quickconfig -force

接続先の登録

#任意のホストへの接続を許可する
Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts ホスト名 -Force

#すべてのホストへの接続を許可する
Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts * -Force

スクリプトの実行許可

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -Force

動作確認

Enter-PSSession -ComputerName IPアドレス -Credential  (New-Object System.Management.Automation.PSCredential("ユーザー名", (ConvertTo-SecureString –String "パスワード" –AsPlainText -Force)))
[IPアドレス]: PS >

リモートコンピュータに接続できれば完了です。

タイトルとURLをコピーしました