Chromeの自動バージョンアップを停止する方法

はじめに

Google Chromeでは、更新版がリリースされると自動的にバージョンアップされます。自動バージョンアップは手間がかからず便利ですが、状況によってはバージョンを固定しておきたいことがあります。

例えば、業務システムで厳密にブラウザのバージョンが決まっている場合ですね。あと、Webアプリのテストでも特定のバージョンが必要です。

管理人は少し前にSelenium(セレニウム)を使うことがあったのですが、Chrome Driverを使う関係上、Chromeのバージョンが厳密に指定されていました。1つでもバージョンが異なると使用できません。

Chromeの自動バージョンアップを停止させる簡単な方法はサービスを無効化することです。手順についてまとめておきます。

手順

[Windows]+[R]キーを押下します。
入力ボックスに「services.msc」と入力して「OK」ボタンをクリックします。
以下の2つのサービスを停止し、スタートアップの種類を「無効化」します。

  • Google Update サービス (gupdate)
  • Google Update サービス (gupdatem)

これでChromeの自動バージョンアップを停止することができます。

もし、Chrome以外にGoogle Updateサービスを使用しているツールがあれば同様にバージョンアップできなくなりますのでご注意下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました