BackupExecでPowerShellを使う

本日、ある作業でBackupExecを使用することになりました。バックアップ関連の作業を効率化したいということでPowerShellを使用した改善を提案する予定です。

早速、BackupExec21の評価版を使って検証を開始しました。
https://www.veritas.com/ja/jp/form/trialware/backup-exec

BackupExec21を検証機にインストールし、「Get-BECommand」でどのようなコマンドレットがあるか確認するとかなりの数がありました。長すぎるので一部のみ抜粋しています。

Get-BECommand

CommandType     Name                                               Version    Source        
-----------     ----                                               -------    ------        
・・・
Cmdlet          Get-BEActiveJobDetail                              21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEAgentServer                                  21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEAgentServerBackupSource                      21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEAgentServerGroup                             21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEAlert                                        21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEAlertCategory                                21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEAlertHistory                                 21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEAuthorizedOracleServer                       21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEBackupDefinition                             21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
Cmdlet          Get-BEBackupExecServer                             21.0.12... BackupExec.Management.CLI.PowerShell3
・・・

現状ではバックアップの成否チェックに管理コンソールを使用していますが、PowerShellを使えばもっと楽にチェックできると思っています。コマンドレットを見ると、「Get-BEJobHistory」なるものがあるので、これを使えば良さそうです。

WindowsOSだけではなく各種ツールもPowerShellで操作できると本当に便利ですね。PowerShellを使えるようにしておくと仕事の幅が大きく広がると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました