LPICレベル2

試験概要

Linuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を問う資格です。201試験と202試験の2科目に合格すると認定されます。

試験範囲

201試験

主題内容具体的内容
Linuxカーネルカーネルの構成
カーネルのコンパイル
カーネルへのパッチ運用
カスタムカーネルおよびカーネルモジュールのカスタマイズ、構築、インストール
実行時におけるカーネルおよびカーネルモジュールの管理/概念
Linuxカーネルを最新バージョンにアップデートすることで、新しい機能や、新しいハードウェアを使えるようにする。
Linuxカーネルのチューニングで、処理効率を良くする。
カーネルモジュールの管理/設定を行い、新しいハードウェアを利用できるようにする。
システムの起動システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ
システムを回復
サーバの利用目的に合わせて、システム起動時に実行するプログラムを設定する
システムの起動に問題が生じた場合の対処方法
ファイルシステムとデバイスLinuxファイルシステムを動作
Linuxファイルシステムの保守
ファイルシステムを作成してオプションを構成
Udevでのデバイス管理
ハードディスクや、外部デバイス(DVD、テーブドライブ、ストレージなど)を利用するための設定
データの保存領域(ファイルシステム)の種類や設定を最適にして、データの読み書きを環境に合わせて効率良くする
新たに、データの保存領域(ファイルシステム)を作成したり、管理を行う
高度なストレージ管理RAIDを構成
記憶装置へのアクセス方法を調整
論理ボリュームマネージャー
ソフトウェアRAIDを利用することによって、局所的なディスク故障に備える。
論理ボリュームを使うことで、複数のディスクを一つの領域として扱うことができる。
論理ボリュームを使うことで、データの保存領域を拡張する。
ネットワーク構成基本的なネットワーク構成
高度なネットワーク構成とトラブルシューティング
ネットワークの問題を解決する
システム関連の問題をユーザに通知する
サーバのネットワーク設定を行う。
サーバを置くネットワークを考慮した上で、最適な設定を行う。
複数のネットワーク(業務用と管理用など)と通信する場合の設定を行う。
サーバが通信できないなどの問題が発生した場合の対処方法。
システムの保守ソースからプログラムをmakeしてインストール
バックアップ操作
ソフトウェアを環境や利用目的に合わせた設定で使い、安全かつ効率良くするために、必要に応じてソフトウェアをソースコードからビルドを行いインストールを行う。
重要なデータをバックアップする設定を行う。
ドメインネームサーバDNSサーバの基本的な設定
DNSゾーンの作成と保守
DNSサーバを保護
DNS(名前解決)サーバを設定/公開する。
DNSサーバを、安全に運用させる。

202試験

主題内容
WebサービスWebサービスの実装
Webサーバの保守
プロキシサーバの実装
ファイルとサービスの共有Sambaサーバの設定
NFSサーバの設定
ネットワーククライアントの管理DHCPの設定
PAM認証
LDAPクライアントの利用方法
電子メールサービス電子メールサーバの使用
ローカルの電子メール配信を管理
リモートの電子メール配信を管理
ネットワークの基礎インターネットプロトコルの基礎
基本的なネットワーク構成
基本的なネットワークの問題解決
クライアント側のDNS設定
システムのセキュリティルーターを構成
FTPサーバの保護
セキュアシェル(SSH)
TCPラッパー
セキュリティ業務
トラブルシューティングブート段階の識別とブートローダーのトラブルシューティング
一般的な問題を解決する
システムリソースの問題を解決する
環境設定の問題を解決する

Q&A

腕時計は必要ですか

必要ありません。

LPICの試験は、パソコンを使用した試験です。
試験を開始すると、パソコンの画面上に残り時間、○時間○分と表示されますので、
時計を見る必要はありません。

試験時間は90分ですが、時間は余裕がありますか

受験者のレベルによりますが、多くの方は、時間が余ると思います。
私の場合は、40分くらいで60問を解き終わりました。

そのあと、再度、1問目から見直しを実施して15分ほど使いましたが、
それでも75分なので、15分ほど余裕があります。
これでも、かなりゆっくりやっています。

早い人は、30分ほどで退出されていました。

一度、解いた問題をやり直すことはできますか。

はい、できます。

LPICの試験では、わからない問題にマークをつけて後から見直すことができます。そのため、1問1問じっくり考えて解くのではなくわかるところから解いていく、わからない問題は後回しにするという解き方が必要です。

試験中にトイレに行くことはできますか。

はい、できます。

試験は、誰しも緊張するものです。急にお腹の具合が悪くなることもあるでしょう。その時は、手を上げてトイレに行きたい旨を試験官に伝えて下さい。トイレに行くことを許可してくれます。

ただし、不正がないよう試験官がトイレまでついてくることになります。
また、トイレ中も時間は止めてくれませんので、ご注意下さい。

2科目(117-201と117-202)を続けて受験することはできますか。

はい、できます。

受験日を同じにして時間をずらして申し込めばOKです。
117-201を13:00~
117-202を15:00~ とすれば問題ありません。

この時、117-201の試験が早く終わったら、続けて117-202の試験を受けることができます。15:00まで待たなくても良いです。私は、2科目の連続受験をしています。

※連続受験は、受験会場や試験官によって異なるかも知れませんので念のために事前確認しておいて下さい。

LPICレベル2の認定証はどのようなものですか。

認定証と認定カード、そしてLPICの広告パンフレットが入っています。認定証の画像は下記の通りです。

試験に合格してから認定証はどれくらいで届きますか。

管理人の場合、受験したのが2011年7月22日(金)で、認定証が届いたのが2011年8月3日(金)です。12日後に届いています。

タイトルとURLをコピーしました