SELinuxを無効化する

はじめに

SELinuxは、Security-Enhanced-Linuxの略でカーネルの制御機能のひとつです。主にセキュリティを向上させるために使用されますが、有効になっているとサービスの動作や設定内容にかなりの制限を受けることになります。そのため利便性を優先しSELinuxは無効化します。 なお、CentOS 7.6の使用を前提にしています。

SELinuxの無効化

/etc/selinux/config

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=enforcing
 ↓
SELINUX=disabled

自動サービスの停止

# systemctl disable firewalld.service

再起動

# reboot

動作確認

SELinuxの無効化

# getenforce
Disabled

DisabledになっていたらSELinuxが無効化できています。

自動サービスの無効化

# systemctl is-enabled firewalld.service
disabled

Disabledになっていたら自動サービスの起動が無効になっています。

タイトルとURLをコピーしました