リモートからOSを再起動する

はじめに

PowerShellのコマンドレット「Restart-Computer 」を使用してリモートからサーバを再起動します。オプションのWsmanAuthenticationは認証方式を指定します。使用OSに応じてdefault、またはNegotiateを使用して下さい。

環境

  • Windows Server 2019 Datacenter Evaluation
  • Windows Server 2016 Datacenter Evaluation
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2003 Standard Edition SP2
  • Windows 10 Enterprise Evaluation

各サーバとクライアントはドメインに参加しており、Windows10から各種コマンドを操作するものとします。

再起動

Windows10のPCからPowerShellコマンドを実行して下さい。複数のサーバを再起動する場合は、ホスト名をカンマで区切って下さい。"server1","server2","server3"

オプション(-Force)を指定することで強制的に再起動することができます。

ドメイン環境

Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003を再起動する

Restart-Computer -Force -ComputerName "ホスト名(IPアドレス)"

ワークグループ環境

Windows Server 2019を再起動する

Restart-Computer -Force -ComputerName "ホスト名(IPアドレス)" -Credential (New-Object System.Management.Automation.PSCredential("ユーザー名", (ConvertTo-SecureString –String "パスワード" –AsPlainText -Force))) -WsmanAuthentication default

Windows Server 2016を再起動する

Restart-Computer -Force -ComputerName "ホスト名(IPアドレス)" -Credential (New-Object System.Management.Automation.PSCredential("ユーザー名", (ConvertTo-SecureString –String "パスワード" –AsPlainText -Force))) -WsmanAuthentication default

Windows Server 2012 R2を再起動する

Restart-Computer -Force -ComputerName "ホスト名(IPアドレス)" -Credential (New-Object System.Management.Automation.PSCredential("ユーザー名", (ConvertTo-SecureString –String "パスワード" –AsPlainText -Force))) -WsmanAuthentication default

Windows Server 2008 R2を再起動する

Restart-Computer -Force -ComputerName "ホスト名(IPアドレス)" -Credential (New-Object System.Management.Automation.PSCredential("ユーザー名", (ConvertTo-SecureString –String "パスワード" –AsPlainText -Force))) -WsmanAuthentication default

Windows Server 2003を再起動する

Restart-Computer -Force -ComputerName "ホスト名(IPアドレス)" -Credential (New-Object System.Management.Automation.PSCredential("ユーザー名", (ConvertTo-SecureString –String "パスワード" –AsPlainText -Force)))
タイトルとURLをコピーしました