予測型ライフサイクルと適応型ライフサイクルの違い

【要求事項と納品】
予測型:要求事項を予め定義し、終結時に完成プロダクトを納品
適応型:要求事項を顧客価値で頻繁に再構成し、都度納品

【変更管理】
予測型:変更はできるだけ制限する
適応型:納品の際にリアルタイムで変更が行われる

【ステークホルダー】
予測型:特定のマイルストーンで主要なステークホルダーが関与
適応型:主要なステークホルダーが連続的に関与

【リスクとコスト管理】
予測型:リスクとコストを詳細に計画してコントロール
適応型:要求事項と制限事項が出てきた際にコントロール

タイトルとURLをコピーしました