アイテムを作成する

はじめに

Zabbixでは監視項目のことをアイテムと呼びます。CPUやメモリの使用率、ディスク容量のチェック、トラフィック量、ログチェックなど非常に多くのアイテムを作成できます。

ここでは、CPU使用率のアイテムを作成します。CPU使用率はパフォーマンスカウンタを使用する方法とエージェントを使用する方法の2つがあるので両方とも作成します。

環境

OS:CentOS 7.7.1908
WebServer:Apache/2.4.6
PHP:7.2.25
MySQL:8.0.18
Zabbix Server:4.0.15
Zabbix Agent:4.0.15

操作手順

Zabbixの管理コンソールにサインインします。
画面左上のメニューから、[設定]-[ホスト]をクリックします。
「Windows2019」の「アイテム」をクリックします。

パフォーマンスカウンタを使用する

右上の「アイテムの作成」ボタンをクリックします。
アイテムの作成画面では、監視したい項目に合わせて設定します。
名前:CPU使用率
キー:perf_counter[\Processor(_Total)\% Processor Time]
データ型:数値(浮動小数)
単位:%
アプリケーション:APL-1
「追加」ボタンをクリックします。

エージェントを使用する

右上の「アイテムの作成」ボタンをクリックします。
アイテムの作成画面では、監視したい項目に合わせて設定します。
名前:CPU使用率2
キー:system.cpu.util[,system,avg1]
データ型:数値(浮動小数)
単位:%
アプリケーション:APL-1
「追加」ボタンをクリックします。

動作確認

監視対象サーバでCPU使用率が監視できているか確認します。

[監視データ]-[最新データ]をクリックします。
ホストは「Windows2019」を選択し、「適用」ボタンをクリックします。

CPU使用率が取得できていることを確認します。

タイトルとURLをコピーしました