Zabbix 4.0のインストール

はじめに

Zabbix 4.0のインストールおよび初期設定を行い管理コンソールにログインできるようにするまでを解説していきます。 OSはCentOS7.6(64bit)のインストールが完了しているものとします。

環境

OS:CentOS 7.6.1810

SELinux

設定変更

/etc/selinux/config

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=enforcing
 ↓
SELINUX=disabled

サーバ再起動

# reboot

Firewall

サービスの停止

# systemctl stop firewalld.service

サービスの自動起動解除

# systemctl disable firewalld.service

PHP

PHPはバージョン7.2をインストールします。(2019年5月20日付)

リポジトリの登録

# yum -y install epel-release
# yum -y install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

インストール

# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php72 php php-mbstring php-xml php-xmlrpc php-gd php-pdo php-pecl-mcrypt php-mysqlnd php-pecl-mysql php-ldap php-bcmath

バージョンの確認

# php -v
PHP 7.2.20 (cli) (built: Jul 2 2019 13:37:16) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

設定変更

/etc/php.ini

# vi /etc/php.ini
;date.timezone =
 ↓
date.timezone = Asia/Tokyo

Apache

CentOS7にはApacheは標準でインストールされているためそのまま利用します。

バージョンの確認

# httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
Server built: Apr 24 2019 13:45:48

サービスの起動

# systemctl start httpd

サービスの自動起動設定

# systemctl enable httpd

MySQL

MySQLはバージョン8.0をインストールします。(2019年5月20日付)

リポジトリの登録

# rpm -ivh https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-3.noarch.rpm

インストール

# yum -y install mysql-community-server mysql-community-devel mysql-utilities

バージョン確認

# mysql --version
mysql Ver 8.0.16 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server - GPL)

設定変更

MySQL8.0の認証処理はより安全で高速なプラグイン(caching_sha2_password)に変更されましたが、 Zabbixが未対応のため従来のプラグイン(mysql_native_password)を使用できるようにします。

/etc/my.cnf

#vi /etc/my.cnf
# default-authentication-plugin=mysql_native_password
 ↓
default-authentication-plugin=mysql_native_password

サービスの起動

# systemctl start mysqld

初期パスワードの変更

MySQLで使用するrootアカウントの初期パスワードを変更します。

# cat /var/log/mysqld.log | grep password
2019-05-20T08:11:23.376439Z 5 [Note] [MY-010454] [Server] A temporary password is generated for root@localhost: 38W&#?G&l3R#
緑字がroot@localhost ユーザーのパスワードです。

# mysql_secure_installation --use-default
Securing the MySQL server deployment.
Enter password for user root:緑字のパスワードを入力

The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.
New password:新しいパスワードを入力
Re-enter new password:新しいパスワードを再入力
新しいパスワードは8文字以上で英数大文字小文字と記号が含まれていることが必須となっています。

サービスの自動起動設定

# systemctl enable mysqld

Zabbix

リポジトリの登録

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm

インストール

# yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese zabbix-agent

パッケージ名内容
zabbix-server-mysql Zabbixサーバ本体
zabbix-web-mysql Webサーバ(Webインターフェース)
zabbix-web-japanese 日本語環境に必要なパッケージ
zabbix-agent Zabbixエージェント

設定変更

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
# DBPassword=

DBPassword=Zabbix2019#

/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
<IfModule mod_php5.c>
 ↓
<IfModule mod_php7.c>

# php_value date.timezone Europe/Riga

php_value date.timezone Asia/Tokyo

データベースの作成とユーザーの追加

# mysql -u root -p
Enter password:rootの新しいパスワードを入力

mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
zabbixデータベースを作成

mysql> CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'Zabbix2019#';
アカウントとパスワード(Zabbix2019#)を設定
パスワードは任意に変更して下さい

mysql> GRANT ALL ON zabbix.* TO zabbix@localhost;
zabbix@localhostにzabbixデータベースのすべてのテーブルに対し権限の付与以外のあらゆる権限を付与

mysql> flush privileges;
設定を反映

mysql> quit;

スキーマとデータベースのインポート

# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-4.0.10/create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix
Enter password:Zabbix2019#
4.0.10の部分はインストールしたバージョンによって変わります。
バージョンは以下のコマンドで確認できます。
# find /usr/share/doc/ -name "zabbix-server-mysql*"
/usr/share/doc/zabbix-server-mysql-4.0.10

サービスの起動

# systemctl start zabbix-server

サービスの自動起動設定

# systemctl enable zabbix-server

エージェントの起動

# systemctl start zabbix-agent

エージェントの自動起動設定

# systemctl enable zabbix-agent

サービスの再起動

# systemctl restart httpd

Zabbixサーバの設定

ブラウザを起動し、「http://IPアドレス/zabbix」にアクセスします。
「Next step」ボタンをクリックします。

「Check of pre-requisites」がすべてOKになっていることを確認し、「Next step」ボタンをクリックします。

「Configure DB connection」は以下のとおり入力します。

  • Database type:MySQL
  • Database host:localhost
  • Database port:0
  • Database name:zabbix
  • User:zabbix
  • Password:Zabbix2019#

「データベースの作成とユーザーの追加」でパスワードを変更した場合は、設定したパスワードを入力して下さい。「Next step」ボタンをクリックします。

「Zabbix server details」は以下のとおり入力し「Next step」ボタンをクリックします。

  • Host:localhost
  • Port:10051
  • Name:zabbix

「Pre-Installation summary」の内容を確認し、「Next step」ボタンをクリックします。

「Install」画面で、「Finish」ボタンをクリックして完了です。

管理コンソールのサインイン

ブラウザを起動し、「http://IPアドレス/zabbix」にアクセスします。

  • Username:Admin  大文字、小文字は正しく入力して下さい
  • Password:zabbix

ユーザー名とパスワードを入力し、「Sign in」ボタンをクリックします。

問題なくサインインできれば完了です。

タイトルとURLをコピーしました