ディスクの容量を監視する

はじめに

ディスクの容量を監視します。

このコンテンツをテストするには、事前に以下の設定が必要です。1番から順番に実施して下さい。
ホストグループの作成 → ②ホストの登録

環境

OS:CentOS 7.7.1908
WebServer:Apache/2.4.6
PHP:7.2.28
MySQL:8.0.19
Zabbix:4.0.18

今回は、CentOSとWindowsのマシンを使用します。CentOSはルート(/)、WindowsはCドライブを監視します。

通常ディスク構成はサーバによって異なるため、ディスカバリを使用するのが一般的です。ディスカバリを使用したコンテンツは以下をご参照下さい。
ディスクを監視する(ディスカバリ)

監視内容

監視項目アイテムキー説明
ディスクの総容量vfs.fs.size[fs:,total]ファイルシステムの総容量
ディスクの使用量vfs.fs.size[fs:,used]ファイルシステムの使用量
ディスクの空き容量vfs.fs.size[fs:,free]ファイルシステムの空き容量
ディスクの使用率vfs.fs.size[fs:,pused]ファイルシステムの使用率
ディスクの未使用率vfs.fs.size[fs:,pfree]ファイルシステムの未使用率

アイテムの作成

キーはCentOSとWindowsで入力する値が異なります。前半がCentOS、後半がWindowsのキーです。

05.ディスクの総容量

  • 名前:05.ディスクの総容量
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[/,total]、 vfs.fs.size[C:,total]
  • データ型:数値 (整数)
  • 単位:B

10.ディスクの使用量

  • 名前:10.ディスクの使用量
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[/,used]、vfs.fs.size[C:,used]
  • データ型:数値 (整数)
  • 単位:B

15.ディスクの空き容量

  • 名前:15.ディスクの空き容量
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[/,free]、 vfs.fs.size[C:,free]
  • データ型:数値 (整数)
  • 単位:B

20.ディスクの使用率

  • 名前:20.ディスクの使用率
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[/,pused]、vfs.fs.size[C:,pused]
  • データ型:数値 (浮動小数)
  • 単位:%

25.ディスクの未使用率

  • 名前:25.ディスクの未使用率
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[/,pfree]、vfs.fs.size[C:,pfree]
  • データ型:数値 (浮動小数)
  • 単位:%

動作確認

アイテムの作成が完了したらデータが問題なく取得できているか確認します。
「監視データ」-「最新データ」をクリックします。
右上にあるホスト欄で、監視対象機器を選択します。
データが取得できているか確認します。

Zabbix Agentをインストールしている環境では、WindowsでもLinuxでも同じアイテムキーを使用できることが多いです。ただし、取得するアイテムによってはWindowsのみ、もしくはLinuxのみでしか使用できないキーもあります。更にOSのバージョンによっても差異があります。

CentOS

Windows Server 2019

タイトルとURLをコピーしました