ディスクの容量を監視する(ディスカバリ)

はじめに

ディスクの容量を監視します。

このコンテンツをテストするには、事前に以下の設定が必要です。1番から順番に実施して下さい。
ホストグループの作成 → ②ホストの登録

環境

OS:CentOS 7.7.1908
WebServer:Apache/2.4.6
PHP:7.2.28
MySQL:8.0.19
Zabbix:4.0.18

通常サーバによってディスク構成は異なります。「ディスカバリ」機能を使用するとサーバごとにディスク構成を意識せずともディスク構成に応じた監視ができるようになります。

監視内容

監視項目アイテムキー説明
ディスクの総容量vfs.fs.size[fs:,total]ファイルシステムの総容量
ディスクの使用量vfs.fs.size[fs:,used]ファイルシステムの使用量
ディスクの空き容量vfs.fs.size[fs:,free]ファイルシステムの空き容量
ディスクの使用率vfs.fs.size[fs:,pused]ファイルシステムの使用率
ディスクの未使用率vfs.fs.size[fs:,pfree]ファイルシステムの未使用率

ディスカバリの作成

ディスカバリのルール

  • 名前:Disk Discovery
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.discovery

フィルタ

  • マクロ:{#FSTYPE}
  • 正規表現:@File systems for discovery

アイテムのプロトタイプの作成

ディスクの総容量

  • 名前:05.ディスクの総容量 $1
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},total]
  • データ型:数値 (整数)
  • 単位:B

ディスクの使用量

  • 名前:10.ディスクの使用量 $1
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},used]
  • データ型:数値 (整数)
  • 単位:B

ディスクの空き容量

  • 名前:15.ディスクの空き容量 $1
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},free]
  • データ型:数値 (整数)
  • 単位:B

ディスクの使用率

  • 名前:20.ディスクの使用率 $1
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},pused]
  • データ型:数値 (浮動小数)
  • 単位:%

ディスクの未使用率

  • 名前:25.ディスクの未使用率 $1
  • タイプ:Zabbixエージェント
  • キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},pfree]
  • データ型:数値 (浮動小数)
  • 単位:%

動作確認

アイテムの作成が完了したらデータが問題なく取得できているか確認します。
「監視データ」-「最新データ」をクリックします。
右上にあるホスト欄で、監視対象機器を選択します。
データが取得できているか確認します。

Zabbix Agentをインストールしている環境では、WindowsでもLinuxでも同じアイテムキーを使用できることが多いです。ただし、取得するアイテムによってはWindowsのみ、もしくはLinuxのみでしか使用できないキーもあります。更にOSのバージョンによっても差異があります。

CentOS

Windows Server 2019

タイトルとURLをコピーしました