デフォルトルートの設定(ip classless)

目的

異なるネットワークに所属している2台のPCをお互いに通信させます。
「ip classless」が有効ならPC間の通信が可能、無効なら不可となることを確認します。

デフォルトルート使用時はクラスフルとクラスレスでルーティングの動作に違いがあることを学びます。

接続構成

設定

R1の設定

R1(config)#int f0/0
R1(config-if)#ip add 10.1.1.1 255.255.255.0
R1(config-if)#no shut

R1(config-if)#int f1/0
R1(config-if)#ip add 10.2.1.1 255.255.255.0
R1(config-if)#no shut

R1(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 10.2.1.2
デフォルトルートの設定

R1(config)#no ip cef
CEFスイッチングを無効化する
CEFが有効だとルーティングテーブル通りの動作をしないため
R1(config)#no ip classless
ip classlessを無効化する

R2の設定

R2(config-if)#int f0/0
R2(config-if)#ip add 10.3.1.1 255.255.255.0
R2(config-if)#no shut

R2(config)#int f1/0
R2(config-if)#ip add 10.2.1.2 255.255.255.0
R2(config-if)#no shut

R2(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 10.2.1.1
デフォルトルートの設定

R2(config)#no ip cef

PC-1の設定

PC-1> ip 10.1.1.100/24 10.1.1.1
Checking for duplicate address...
PC1 : 10.1.1.100 255.255.255.0 gateway 10.1.1.1

PC-1> save
Saving startup configuration to startup.vpc
. done

PC-2の設定

PC-2> ip 10.3.1.100/24 10.3.1.1
Checking for duplicate address...
PC2 : 10.3.1.100 255.255.255.0 gateway 10.3.1.1

PC-2> save
Saving startup configuration to startup.vpc
. done

設定確認

ルーティングテーブルの確認

R1#sh ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
       ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
       o - ODR, P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is 10.2.1.2 to network 0.0.0.0

     10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
C       10.2.1.0 is directly connected, FastEthernet1/0
C       10.1.1.0 is directly connected, FastEthernet0/0
S*   0.0.0.0/0 [1/0] via 10.2.1.2

「ip classless」が有効でも無効でも、ルーティングテーブルの内容は同じです。
しかし、パケットをルーティングする時の動作が異なってきます。

ip classless有効
ルーティングテーブルにないサブネット宛のパケットはクラスレスルーティングとなるため、デフォルトルートを利用してルーティングする

ip classless無効
ルーティングテーブルにないサブネット宛のパケットはクラスフルルーティングとなるため、デフォルトルートが存在していても破棄する

動作確認

Pingの疎通テスト(ip classlessが無効の場合、通信不可を確認)

PC-1からPC-2
PC-1> ping 10.3.1.100
*10.1.1.1 icmp_seq=1 ttl=255 time=13.109 ms (ICMP type:3, code:1, Destination host unreachable)
*10.1.1.1 icmp_seq=2 ttl=255 time=6.988 ms (ICMP type:3, code:1, Destination host unreachable)
*10.1.1.1 icmp_seq=3 ttl=255 time=5.018 ms (ICMP type:3, code:1, Destination host unreachable)
*10.1.1.1 icmp_seq=4 ttl=255 time=0.969 ms (ICMP type:3, code:1, Destination host unreachable)
*10.1.1.1 icmp_seq=5 ttl=255 time=2.958 ms (ICMP type:3, code:1, Destination host unreachable)

PC-2からPC-1
PC-2> ping 10.1.1.100
10.1.1.100 icmp_seq=1 timeout
10.1.1.100 icmp_seq=2 timeout
10.1.1.100 icmp_seq=3 timeout
10.1.1.100 icmp_seq=4 timeout
10.1.1.100 icmp_seq=5 timeout

PC-1からPC-2の通信時は、R1に10.3.X.X宛てのルートがないのでパケットが破棄されます。(行きのパケットが破棄される)

PC-2からPC-1の通信時は、R1に10.3.X.X宛てのルートがないのでパケットが破棄されます。(帰りのパケットが破棄される)

Pingの疎通テスト(ip classlessが有効の場合、通信可能を確認)

PC-1からPC-2
PC-1> ping 10.3.1.100
84 bytes from 10.3.1.100 icmp_seq=1 ttl=62 time=79.768 ms
84 bytes from 10.3.1.100 icmp_seq=2 ttl=62 time=67.632 ms
84 bytes from 10.3.1.100 icmp_seq=3 ttl=62 time=51.747 ms
84 bytes from 10.3.1.100 icmp_seq=4 ttl=62 time=66.675 ms
84 bytes from 10.3.1.100 icmp_seq=5 ttl=62 time=104.853 ms
PC-2からPC-1
PC-2> ping 10.1.1.100
84 bytes from 10.1.1.100 icmp_seq=1 ttl=62 time=50.732 ms
84 bytes from 10.1.1.100 icmp_seq=2 ttl=62 time=74.691 ms
84 bytes from 10.1.1.100 icmp_seq=3 ttl=62 time=50.831 ms
84 bytes from 10.1.1.100 icmp_seq=4 ttl=62 time=67.819 ms
84 bytes from 10.1.1.100 icmp_seq=5 ttl=62 time=64.826 ms

補足

上記の検証ではクラスAのアドレス(10.~)を使用しています。これをクラスCのアドレス(192.168.~)でデフォルトのサブネット(/24)にした場合はクラスフルの通信となるため、ip classlessの有効、無効に関係なく通信することができます。

タイトルとURLをコピーしました