トラップ送信先のホストを設定する

接続構成

水色の点線は、ロールオーバーケーブルです。

コマンド

snmp-server host IPアドレス SNMPのバージョン コミュニティ名

【省略形】
sn h

トラップ送信先のホストを設定します。
TRAPとはエラー等が発生した時に監視装置に通知するメッセージのことです。

設定

Router(config)#snmp-server host IPアドレス version 2c public
監視サーバのホストは、「IPアドレス」、SNMPのバージョンは「2C」、コミュニティ名は「public」で設定しています。

タイトルとURLをコピーしました