インターフェースに説明をつける

接続構成

水色の点線は、ロールオーバーケーブルです。

コマンド

description インターフェースに対して任意の説明を入力

【省略形】
des インターフェースに対して任意の説明を入力

各インターフェースに対して説明書きを設定します。

description コマンドは、各インターフェースがどこに接続されているか説明をつける時に使用します。ルータの動作には影響しませんが、コンフィグを見た時にどこと接続しているかすぐわかるので、設定しておくと便利です。

設定

Router(config-if)#description To the Tokyo main office.
Router(config-if)#


説明書きを変更するには、再度、『description』コマンドで設定して下さい。上書きされます。
説明書きを削除するには、『no description』コマンドを入力して下さい。

タイトルとURLをコピーしました