クロックレートを設定する

接続構成

水色の点線は、ロールオーバーケーブルです。

コマンド

clock rate [クロックレート値(bps)]

クロックレートを設定します。

通常、ルータはDTE端末となり、通信事業者側からクロック供給が行われて同期をとっています。
しかし、ラボ環境などでルータをシリアルケーブルでバックツーバック接続する場合は、一方のルータに擬似的にDCEの役割をさせるためにクロックレートの設定が必要です。

このコマンドは、シリアルケーブルのDCE側のコネクタが接続されているシリアルインタフェース上で設定を行います。

インターフェースがDCEかどうか調べるには、「show controllers」コマンドを使用します。

Router#sh controllers
Interface Serial0/0
Hardware is PowerQUICC MPC860
DTE V.35 TX and RX clocks detected.

Router#sh controllers
Interface Serial0/0
Hardware is PowerQUICC MPC860
DCE V.35, no clock

設定

Router(config)#int s0/0
Router(config-line)#clock rate 64000

タイトルとURLをコピーしました