GNS3内の仮想ルータをインターネットに接続する(自宅環境編)

はじめに

仮想ルータを外部ネットワーク(インターネット)に接続する方法をまとめています。

環境

ブロードバンドルータ:BuffaloのWXR-2533DHP2
GNS3:Version2.1.5

ブロードバンドルータはDHCP機能を搭載しており、PCにIPアドレスを自動で割り当てているものとします。

設定手順

GNS3の設定

GNS3を起動します。
プロジェクトを作成し、Cloudとルータをマッピングします。

ルータの設定

ルータの設定

R1#conf t
R1(config)#int fa0/0
R1(config-if)#ip add dhcp
R1(config-if)#shut
R1(config-if)#no shut
R1(config-if)#end

DHCPの確認

R1#sh dhcp lease

Temp IP addr: 192.168.100.106 for peer on Interface: FastEthernet0/0
IPアドレスが割り当てられました
Temp sub net mask: 255.255.255.0
DHCP Lease server: 192.168.100.10, state: 2 Requesting
DHCP transaction id: 770
Lease: 172800 secs, Renewal: 0 secs, Rebind: 0 secs
Next timer fires after: 00:00:00
Retry count: 1 Client-ID: cisco-c801.2dd4.0000-Fa0/0
Hostname: R1
R1#

動作確認

疎通テストを実施します。

疎通テスト

R1#ping 8.8.8.8 ←Google Public DNSです。

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 8.8.8.8, timeout is 2 seconds:
!!!!! ←疎通OKです。
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 40/367/1620 ms
R1#

タイトルとURLをコピーしました