ホストからGNS3内の仮想ルータと通信させる

はじめに

ホストからGNS3に作成した仮想ルータと通信する方法をまとめています。

環境

  • ホストサーバー:Windows Server 2016 (クライアントOSでも問題ありません)
  • GNS3

設定手順

GNS3の設定

任意のネットワークを作成します。
ここでは、Cloudとルータ3台を使用してネットワークを構成しRIPでルーティングさせています。

CloudとR1の接続については、「GNS3内の仮想ルータをインターネット(自宅環境編)に接続する」を参照して下さい。

ルータの設定

R1の設定

  • R1(config)#int fa0/0
  • R1(config-if)#ip add 192.168.137.2 255.255.255.0
  • R1(config-if)#no shut
  • R1(config-if)#int fa0/1
  • R1(config-if)#ip add 10.1.1.1 255.255.255.0
  • R1(config-if)#no shut
  • R1(config-if)#int s0/0
  • R1(config-if)#ip add 20.1.1.1 255.255.255.0
  • R1(config-if)#no shut
  • R1(config-if)#exit
  • R1(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.137.1
  • R1(config)#router rip
  • R1(config-router)#net 192.168.137.0
  • R1(config-router)#net 10.1.1.0
  • R1(config-router)#net 20.1.1.0

R2の設定

  • R2(config)#int e0/0
  • R2(config-if)#ip add 10.1.1.2 255.255.255.0
  • R2(config-if)#no shut
  • R2(config-if)#int e1/0
  • R2(config-if)#ip add 30.1.1.1 255.255.255.0
  • R2(config-if)#no shut
  • R2(config-if)#exit
  • R2(config)#router rip
  • R2(config-router)#net 10.1.1.0
  • R2(config-router)#net 30.1.1.0

R3の設定

  • R3(config)#int s0/0
  • R3(config-if)#ip add 20.1.1.2 255.255.255.0
  • R3(config-if)#no shut
  • R3(config-if)#int fa0/0
  • R3(config-if)#ip add 30.1.1.2 255.255.255.0
  • R3(config-if)#no shut
  • R3(config-if)#exit
  • R3(config)#router rip
  • R3(config-router)#net 20.1.1.0
  • R3(config-router)#net 30.1.1.0

各ルータがPingでお互いに疎通できれば完了です。

ホストの設定

ホスト側にルーティングの設定を追加します。
デフォルトでは、192.168.137.2までしか通信できません。
ルーティング設定を追加することで、10.1.1.0、20.1.1.0、30.1.1.0のネットワークと通信させることができます。

コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。
以下のコマンドを入力します。

  • C:\Windows\system32>route add 10.1.1.0 mask 255.255.255.0 192.168.137.2
  • C:\Windows\system32>route add 20.1.1.0 mask 255.255.255.0 192.168.137.2
  • C:\Windows\system32>route add 30.1.1.0 mask 255.255.255.0 192.168.137.2

ホストサーバーから各ルータに疎通できれば完了です。

タイトルとURLをコピーしました